脚痩せとバストアップは深い関係があった!バストアップ出来ない人には理由があった!徹底検証し導かれたバストアップ絶対法則
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バストの大きさって遺伝ってあるのでしょうか?


遺伝だったら、一生懸命頑張っても意味がないんじゃ・・・って思ったことが
今までにあえるんです。



でも、「お母さんも小さいし、私ダメだわ」なんて諦めている人は、
決して諦めないでください。


私の母も胸は大きいほうではありません。だから私も


「バストは遺伝だから私も大きくならないんだろうな。」


と思ったことがあります。

★続きも見てくださいネ★

>>バストアップ











 
 
 
でも、友達親子とか見たときに、お母さんが大きくて友達が小さいだとか
その逆の親子もいたので、「遺伝」ということには半信半疑でした。


でもバストの基本的な仕組みを知ってからは、遺伝じゃないってことに気がつき
ました。



バストの大きさは乳腺の量によって決まるのです。


赤ちゃんを産んで、授乳しているママさんにとっては乳腺っていう言葉はなじみ
があるでしょう。


乳腺は、乳首の周りを囲んでいるもので、バストの10パーセントを占める組織
のことです。


乳腺組織が10パーセントなら、残る90パーセントは脂肪組織ということにな
ります。



人間が成長するにあたり、10代の後半までに乳腺組織が発達して、
それを取り囲むようにだんだんと脂肪がついてくるのです。

ということは乳腺が多ければ多いほど、脂肪がつくということですね。



脂肪がつけば胸も大きくなる。だからバストアップにはそれなりの
乳腺の量も必要になってくるというわけです。


では乳腺を増やすためにはどうしたらいいの?という疑問を抱くわけですが
乳腺を増やすために必要なのが女性ホルモンなのです。


女性ホルモンは乳腺を刺激して増殖させてくれる役割を持っているので、
女性ホルモンの分泌が少ないと、バストの成長も妨げるというわけ。


こうして文にあらわすと、なんだか難しい感じになってきますが、
バストに対する基礎知識も、バストアップへつながる大事なことですよ。

>>女性ホルモンでバストアップする方法






バストアップ法のランキング
不動の1位と2位は、とても参考になります。
スポンサーサイト

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。