脚痩せとバストアップは深い関係があった!バストアップ出来ない人には理由があった!徹底検証し導かれたバストアップ絶対法則
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「胸が大きくなりたいなぁ」そんな事を毎日考えていても、大きくなるはずもなく
私はAAカップと付き合う日々でした。



そう、「でした。」ということは、私は今AAカップではないっていうことですよ!



実は、自分でも驚きのCカップです。



あっ今、「どうせ豊胸手術でしょ」って思った方。

ちがいます!ちがいますよぉ。
親からもらったこの体にメスをいれるなんて・・・
というより、怖がりの私にはとても手術を受ける勇気はありません。

★続きも見てくださいネ★


>>バストアップ








 
 
 

確かにバストアップと聞けば豊胸手術を思い浮かべますよねぇ。



胸が小さいということにかなりのコンプレックスを感じていた私は、
実は豊胸手術も考えたこともありました。


豊胸手術の主流になっている「シリコンバッグ」を使った手術だと
脇の下を2~4センチ切開してバッグを入れます。
>>Ranking


いくら傷が小さく、傷跡もほとんど目立たなくなるとはいえ
やっぱり傷は作りたくないなというのが、私の本音だったので却下。


また脂肪注入による豊胸術もご存知の方も多いと思います。



知らない方のために、少しお話しますね。


例えば下っ腹とかヒップ、太ももなど、自分がサイズダウンしたい部分の脂肪を
採取しそれをバストに注入するといった術法です。


脂肪採取の時には、直径2mmの極細の吸引管で皮下脂肪を吸引し
バストに注入する際には、専用の注射器で時間をかけて少しずつ丁寧に注入して
いくので、片方で10~20ヶ所の針の刺入痕がしばらくつきます。


ですが切開しない分、傷跡はほとんど目立たず、
そのうえ術後その日のうちに帰宅できるので本人への負担が少ないのがメリット
です。


費用はクリニックや美容外科により異なりますが、決して安い金額ではないです
よね。



体にメスを入れるのもつらい、高額な料金も出せない・・・そんな私には
バストアップの道は絶たれたかなぁと思っていたのですが
そうではなかったのです。



スポンサーサイト

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。