脚痩せとバストアップは深い関係があった!バストアップ出来ない人には理由があった!徹底検証し導かれたバストアップ絶対法則
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バストの大きさって女の子の永遠のテーマですよね。


だんだんと胸のふくらみが目立ってくる小学校高学年。


周りの友達では、「スポーツブラ」をつけてくる子もちらほら出てくる中で
私は・・・というと、ブラという言葉にはほんっとうに無縁のまったいらな胸。


・・・今考えればその頃から私のバストに対する悩みは始まっていたのです。


けれど友達をうらやましいなと思いながらもまだまだ小学生。
いつか大きくなるだろうと楽観的に考えていました。

★続きも見てくださいネ★


>>バストアップ








 
 
 


当たり前ですよねぇ。小学生で


「わたしっておっぱいちっゃい!!!」


なんて真剣に悩む子供がいたら、そりゃびっくりです。



中学生に入って思春期の女の子たちが集まると


「胸のコリコリが痛いよねぇ」「○○ちゃん生理が始まったんだって!」


なんていう、男子の前では会話できないような内容の会話に花が咲いたもの。

みなさんも経験あるでしょう。



そんな会話の仲間に入っていても、まだ「おむね」が貧相な私には
「うんうん!」と共感できることは少なくてちょっぴり悲しかったなぁ。



でも思いっきり「わかるわかる!」みたいな顔をして混ざっていましたけどね。


そんな私も、それなりに(一応女だからね)ほんの少しですが胸も膨らみ始め
一丁前に「スポーツブラ」購入!ちょっぴり大人の仲間入りしました。


皆さんはスポーツブラを買ったのっていつですか?


私は中学2年生だったんですけど、その頃にはもう普通のブラをつけている子も
いましたね。


でも私にとっては「スポーツブラ」で大満足だったのです。


だいたいこの頃までは、同級生の中でも、バストの差はさほどないもの。


このころの小さな差が、年を重ねるごとにだんだん開いてきて・・・。
いつの間にか、「貧乳なわたし」が出来上がっていったのです。
>>Ranking



スポンサーサイト

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。