脚痩せとバストアップは深い関係があった!バストアップ出来ない人には理由があった!徹底検証し導かれたバストアップ絶対法則
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そういえば、みなさんはバストの「構造」を知っていますか?


バストにはきんとした「構造」がありますので、やはりコレを理解する必要はあ
るのではないかな?と思います。


何でも基礎を知っておかないと応用ができませんものね(笑)


バストって、けっこう複雑な構造をしています。

しかし、覚えることは少ないので、この機会に覚えてみてください。

★続きも見てくださいネ★


>>バストアップ ranking








 
  
 


   
【バストの構造】


■乳腺

母乳を分泌する器官でコリコリして固い。
バストの大きさはこの乳腺の発達具合によって決まる。



■クーパー

靭帯乳腺を守る役割を担っている。
この部分は、バストの張りや丸み、柔らかさを決めるので、大変重要な要素であ
る。



■大胸筋胸

バストを支える筋肉であり、全体の肉付きを保つ。
バストを美しくするためには、この筋肉を発達させることが重要。



■胸郭

脊髄・胸骨・助骨で囲まれた部分であり、バストの土台として重要。
脊髄が曲がってるとバストの左右のバランスに差が生じる。




バストがどういう形でできているのか、またその中身はどうなっているのかを知
っておくと、どこをどう鍛えればいいのか、刺激を与えればいいのかわかります
よね。


上記の構造を見てみると、大胸筋もそうだし、クーバーも大切なモノだというこ
とがわかります。



・・・てか、初めて聞く名前だっている人もいるのではないでしょうか?^^
>>ranking









人気ブログランキング
にたくさん情報があります

スポンサーサイト

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。