脚痩せとバストアップは深い関係があった!バストアップ出来ない人には理由があった!徹底検証し導かれたバストアップ絶対法則
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は小さいころから痩せ型だったので、あまりダイエットの経験などありません
でした。

むしろ太ってもいいと思ってしまうくらい。

思春期のころは周りの友達は何よりダイエットが
頭の中にあって、痩せている私はみんなからうらやましがられるくらいの存在で
した。


だから、太りたいなんて口にしようものなら友達たちの反論攻めでした(笑)


バストって脂肪でできているじゃないですか。

痩せ型の私は脂肪もそんなにないので、
太ったらパストにも脂肪がつくんじゃないかっていう単純なことだったのだけど・・・(笑)


最近の体重計のほとんどには体脂肪計がついているので、自分の体脂肪率がどの
くらいかというのが自宅で計ることができて便利ですよね♪

体重計が無い方は、絶対もつべきですよ。


自分の身長や年齢も入力して測るので、より正確な数値が出ます。


私は毎日体重計に乗り、体脂肪も計っています。

もちろんだいたい同じ時間に同じ条件で計ります。

体脂肪というのは、女性ホルモンを貯蓄するためのタンクともいえるんだそうです。

★続きも見てくださいネ★

>>バストアップ






バストが成長する第2次成長期には、ある程度の体脂肪が必要だという
ことです。


数値に表せば、最低でも20%以上の体脂肪率なんだそうですよ。


体脂肪と同じように女性ホルモンが増えていくので、一度成長期に太って体脂肪
率をあげるというのも、バストアップするためには、
効果的な方法の1つかもしれませんよね。


中高生のころは水を飲んでも太る、と言われるように、
そのころは一番ポチャポチャする時期ですよね。



そして一番容姿やダイエットに興味があるころです。


それなりの量の体脂肪がないと、女性特有の身体の発達もうまくいかないようです。


そして、あまり深く考えず、食べないダイエットを行った結果、
女性ホルモンの量が不足して老化、肌荒れ、むだ毛の成長や更年期な
どが早まる原因の1つになってしまうようです。



また夜眠っているときに作られた女性ホルモンは一時的に体脂肪にしまわれるそ
うですが、その体脂肪が十分にないと、朝起きたときにおしっこなどから排出されてしまい
結局バストの成長につながらないということですね。


ダイエットもいいですけど、そのせいで肌がたるむ、女性らしくなくなるという
のは悲しいですよね~。


気をつけましょう。

>>元薬剤師が女性ホルモンの知識を活かし遂に導き出した豊胸・バストアップ法



バストアップ方法ランキング
2位の巨乳も捨てがたい♪


スポンサーサイト

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。