脚痩せとバストアップは深い関係があった!バストアップ出来ない人には理由があった!徹底検証し導かれたバストアップ絶対法則
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続きになる「猫背」の話です。

座り仕事が主な人は、1日の大半を座って過ごします。

また立ち仕事の人であっても、1日のうちに座っている時間というものは、電車
・バス・食事など結構あるものなんですね。


椅子に座り前かがみになると、胸郭が縮み、腹筋が緩み、肩甲骨が広がり、肩で
息をするようになるとお話しましたね。


では椅子の背もたれに寄りかかっていたらいいのか、というとそういうわけでは
ありません。

皆さんの周りの椅子をあらためてゆっくり観察してみてください。

★続きも見てくださいネ★

>>バストアップ





だいたいの椅子は座面が少し後ろに傾斜しているのですよ。気付きましたか?


だから、背もたれに寄りかかってばかりいると骨盤が後ろに傾むいてしまい、結
果バランスを取るために背中が丸まりやすくなってしまうのです。


それに比べ正座は骨盤が起き、背すじがまっすぐ伸びので、たまに正座をして体
のラインを整えましょうね。


さて、姿勢を正すエクササイズを紹介しましょう。


まず、肩の力を抜いてリラックスしてまっすぐ立ちましょう。


肩をあげ、ストンと落とします。落とした位置を上限として、さらに肩を押し下
げるのです。肩の筋が伸びて気持ちがいいと思います。

これは上がりがちな肩甲骨を正常なポジションに戻す運動になります。



次のエクササイズはリラックスして仰向けに寝ましょう。


バスタオルなどを筒状に丸め、背中と床の間に挟みます。


ちょうどみぞおちの下あたりです。そうすると肩が床から少し浮いた状態ですよね。


そこで顎を引き深呼吸しながら腕の重みで両肩を床につけます。これは肩甲骨を
寄せ、胸郭を広げる運動なんですが、とても気持ちよくて私よく実践してます。


バストアップや姿勢を正すだけでなく肩の辺りがスッキリとするので
凝り解消にもおすすめですよ。

姿勢を正すと女性ホルモンの分泌が促進されます。


女性ホルモンが分泌され、ホルモンバランスが整わないと、
どんな優秀なバストアップ法でも苦労することになります。

まずは、女性ホルモンの分泌に注力しましょう。

>>女性ホルモンでバストアップする方法


バストアップ方法ランキング

1位のバスト、美乳だな~♪


スポンサーサイト

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。