脚痩せとバストアップは深い関係があった!バストアップ出来ない人には理由があった!徹底検証し導かれたバストアップ絶対法則
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こないだ、電車に乗っていたときの出来事です。

向かい側に座った親子連れ。2歳になったくらいの男の子とそのお母さん。


お母さんのお膝に立ってみたり、持っている本を読んだりととてもかわいらしくて。
しかも走り回ったり大声を出すわけでもなく、とってもおりこうさんだったので
感心しながら見ていました。


するとその子、私のほうを見ながらにこにこと微笑みかけています。

「かわいいな~」と思いながら、私も微笑み返していると

「おっぱい!」と私を指差します!!


こっちは「はぁ??」ですよね。

その後も「おっぱいおっぱい!」と連呼です。

指されている私は、とにかく恥ずかしかったわけで…。
きっと顔が真っ赤だったはずです。

★続きも見てくださいネ★

>>バストアップ











一緒に居た友達は「あんたのおっぱいが大きいのがわかったんじゃない」なんて
まるで人事のように笑っていて、

「おばちゃんって指さされるよりいいじゃん」との励ましのようなお言葉をもら
いました。



いやぁ。男ってこんな小さいうちからおっぱい星人なのでしょうか。>>ranking



そんなにバストが目立つ洋服を着ていたわけではないんですけどね。



そのあとは、その男の子お母さんの襟から手を入れておっぱいをまさぐっていま
した(笑)


お母さんは「やめなさい」なんて言って手をはずすんだけど、男の子はすぐに手
を入れて。

そんなやりとりを数回してお母さんが負け、男の子がおっぱいをさわっているう
ちにあっという間に夢の中へ。。。



よく子供が寝るときのアイテムがあるっていいますよね。タオルとか枕とか。

きっとその男の子は、おっぱいがアイテムだったのかもしれませんね。



貧乳で悩んでいた私なので、おっぱいを褒められるのってイヤではないんですけ
ど、今回はなんだかとても恥ずかしかったです…。




スポンサーサイト

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。