脚痩せとバストアップは深い関係があった!バストアップ出来ない人には理由があった!徹底検証し導かれたバストアップ絶対法則
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたは寝ているときにブラジャーつけますか?


私は締め付けられる感覚があまり好きではなかったので、寝ているときくらいリ
ラックスした~い!!と思ってはずして寝ていました。


仕事で疲れているし、眠るときくらい体も精神もリラックスして眠りたい気持ち
わかってくれますよね。


でもそれってバストにはよくないことらしいのです。

★続きも見てくださいネ★

>>バストアップ








ブラジャーなしで全力疾走、またはマラソンなど体を動かすことを想像してくだ
さい。


バストは上下に揺れて気になりますよね。


それと同時に、バストの中の乳腺組織・脂肪組織が無理な刺激を受けて細胞が壊
れてしまうのです。



また上下に動くということは、それだけ皮膚の表面が伸びるということ。



伸びた皮膚というものはハリがなく、ゆくゆくはバストが垂れる原因になってし
まいます。



では寝ているときにブラジャーなしを想像してください。


寝返りをするたびに、バストは右へ左へと移動しますね。


それってさっきお話したブラジャーなしで運動することと同じことなんです。


運動のときほどバストは激しく動かないかもしれませんが、左右に動くことでや
はり組織が壊れてしまうのですよ。



一度壊れた組織や伸びてしまった皮膚を元に戻すのは、なかなか簡単にできるも
のではありません。


ですから、やっぱり寝ているときでもブラジャーをしましょうね。



ただ昼間つけているようなブラジャーではさすがに窮屈です。


各下着メーカーからは夜用のブラジャーというのも発売されていますよ。



その夜用ブラジャーは、バストを圧迫することなくやさしく包み込んでくれます。


眠っているときのバストの形をキープしてくれたり安定させることで、皮膚の伸
びや組織が壊れることを防ぐことができるメリットがあるんですよ。



また睡眠の邪魔には決してならない付け心地です。


早速試してみてくださいね。

バストアップ法のランキング
不動の1位と2位は、とても参考になります。

スポンサーサイト

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。