脚痩せとバストアップは深い関係があった!バストアップ出来ない人には理由があった!徹底検証し導かれたバストアップ絶対法則
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バストの悩みを抱えているみなさん。自分の胸の構造をよく知っていますか?


今回は、バストの大きさや形に影響のある部分はどこか、
またバストの構造やしくみについてより詳しくお話してみたいと思います。


「バストはどんな組織で構成されているでしょう」と聞かれたとすると
あなたはぱっと答えることができますか?

★続きも見てくださいネ★

>>バストアップ



























多くの人は「脂肪」や「乳腺」と答えるでしょう。答えは…ズバリ正解!です。


私も以前はそのくらいの知識しかありませんでした。


みなさんがおわかりのようにバストというものは「脂肪・乳腺」で構成されてい
ます。



「乳腺」というものは、胸の奥のほうにかたまりになって存在していて、その数
は片方の乳房でおよそ15~25個くらいです。


この乳腺が乳首の周りに放射線状に並んでいるというしくみです。


そして乳腺で母乳が作られて、乳管を通って乳首(乳頭)まで運ばれ赤ちゃんの元
へ届くのです。


まだ出産していない私たちでも、母親になる準備が整っているわけですね。とっ
ても神秘的だなぁって思います。



そして思春期の乳腺の発達具合が胸の大きさや形にかなり関わってくるのです。


個人差がありますが、発達している人ほど豊かなバストになるというわけです。



では、みなさんが考えるバスト「脂肪・乳腺」のうち乳腺について理解していた
だいたところで、次は「脂肪」についてです。


脂肪といってもバストの脂肪は、「乳腺脂肪体」といって乳腺の周りに絡むよう
についていて、乳腺を保護する役目があるのです。ですからこの脂肪の量によっ
てもバストの大きさ・形・丸みやハリ・柔らかさが変わってくるというわけです。



バストの構造をしっかりと把握しておかなくては、バストアップもバストのケア
も半減してしまうかもしれません。だって自分の体の一部ですものね。


そして、この乳腺を発達させることで、脂肪がバストの周りにつくようになります。

乳腺の発達には、女性ホルモンの分泌をアップさせる必要があるのです。


そのために必要なことを、丁寧に教えてくれるマニュアルがこちらです。

>>女性ホルモンバストアップ法







バストアップ法のランキング
不動の1位と2位は、とても参考になります。



スポンサーサイト

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。